古文の学習は必須

古文の参考書は、大手に書店などに行くと実に様々なものが置いてあるのを見かけることが出来ます。
中学、高校、大学と学んだ時期は人それぞれだと思いますが、学生生活の中で、誰しも一度は学んだことがある学問ではないかと思います。古文に対する知識が何もなくても読めそうなときもあれば、現代と同じ言い回しでもまったく意味の異なる場合など、古文はその時の文章によっては大変苦労させられたという人も多いのではないでしょうか。
そんな時に、古文の参考書を使ってなんとか解決したという人も多いのではないかと思います。
特に高校では、古文のレベル自体も中学校の時のレベルとは異なり1段階高いものになるうえ、文系では大学の入試の2次試験まで、理系でもセンター試験などで科目に古文が入っているので、古文の参考書などを使ってどうしても必死で勉強せざるえません。
古文は英語みたいでよく分からないという言葉をたまに聞くことがあります。これは、古文が苦手で且つ英語が苦手な人に多いようですが、確かに英語と古文には、今まではとはまた違った新たな言語にまつわる文法や単語を覚えて読解していかなければならないということで、いくつかの共通点が存在します。

単語、読解、文法をバランスよく学ぶ

そもそも、古文の学習は大きく分けて3つのポイントに分けることができます。それが、単語、読解、文法です。
単語はその名の通り、古文において使われる単語の意味を覚えていくということです。文法は、読解の際に、単語の意味だけでは明確にならない部分などを文の成り立ちから判断するためには必要となるもので、文法を理解していないばかりに180度違う読解をしてしまうということもあります。読解は、単語、文法の知識を活かして実際に古文を読んでいくというものです。
古文を勉強する際は、この3つのポイントをバランス良く学んでいく必要があります。この時にひとつ、頼りになるのが古文の参考書ですが、たくさん種類のある中でも、特に「マドンナの古文」という古文の参考書は受験生に大変人気のある古文の参考書になっているようです。
このマドンナの古文は、古文の得意な受験生に人気がある上に、特に古文の嫌いな受験生にも人気のある参考書として有名です。内容が、読みやすく分かりやすいというのが人気の秘密になっているようで、多くの方が愛用しています。
古文が好きな人や得意な人はもちろんのこと、嫌いだけど勉強しなければならないという人は、まず導入として、マドンナの古文を使ってみるのもいいのではないかと思います。

古文参考書